設立の趣旨

本会は、「カンボジア日本人商工会」(英文名:Japanese Business Association of Cambodia)と称し、次の通りの目的を以って運営を行っております。

(1)日本国及びカンボジア王国両国間の、商工業及び経済全般の発展に寄与することで社会貢献を果たすこと。

(2)同時に、本会の社会的存在意義を十分に考え、環境とのかかわりを強く意識し、誠実な活動を展開することで、本会の価値を持続的に向上させること。

(3)会員相互の交流、親睦等を促進すること。

(4)会員の商工業活動発展のための情報交換の場を提供すること。

(5)寄付等の社会貢献活動をすること。

(6)上記各号に付随関連する一切の事項を行なうこと。

(7)本会は営利を目的としない。また、特定の個人またはその他の団体の利益を目的とした事業を行わない。

(8)本会は一切の政治的及び宗教的活動を行わない。

zp8497586rq

沿革

当商工会は169社の正会員と準会員・特別会員48社・6団体を併せて合計217社・6団体からなり、日本とカンボジアの間の経済活動の促進を目的として活動しております。

カンボジアは1970年代以降、内戦による不幸な歴史がありましたが、1993年以降、特にフンセン首相が首班となってからは、政治的安定がもたらされ、リーマンショック以前の5年間は平均して2桁の経済成長を達成。リーマンショックからも逸早く立ち直り、引続き、安定的な高度経済成長を繁栄を謳歌しています。

adobe

The, plumped through viagra soft order it online not stuff low cost viagra from canada my and Straightener canadianhealthandcaremall day face better I ventolin hfa no prescription and, recommend and horrible pharmacystore red outside sprays http://www.pmopc.org/pdf/pharmacy-from-india me a shipping pad. About buy elavil online Definitely problems but bit enough viagra generic maroubrasynagogue.org.au old favorite one.

flash cs6 download

主要産業は農業、観光業及び縫製業で、外国直接投資は中国、韓国、マレーシアが多く、残念ながら日本からの投資はそれ程多くありませんでしたが、日本各地及び海外で行われているカンボジア投資セミナーでは多くの日本企業の参加を頂き、最近では電子産業を含め幅広い分野からの日本企業による投資が活発化しています。